困ったときのネタ

ネタに困ったときの食事話。

まずは昼飯から。
お弁当を用意する暇がなかったので、郵便局の帰りに吉野家で食べることにした。
珍しく混んでいるなと思ったが、今更他の店に行くのも面倒だと注文をしました。
そこまでは良かった。

混んでいる割には店員が二人しかおらず、片方が注文を受けつつ片付けや会計担当をやっているような状況のため、作る人は実質一人という悲惨な状況。
あまりにも注文が遅いため、待ちきれずに帰った人が一人いましたよ。
15分から20分ぐらい待っていると、ようやく豚丼とけんちん汁がやってきたよ。

吉野家といえば、「速い・安い・うまい」の三拍子ではなかったのか?
これなら松屋に行っておくべきだったかも。
ただ松屋よりも吉野家の方が好きな人間としては、辛い選択なんだけど…。

ま、混んでいたら今度から行くのをやめよう。
お昼休みは無制限にあるわけでもないし。

そんでもって夕食の話。
今日も仕事で遅くなったため外食となりました。
まだ心のゆとりもあり、二日連続で同じ店に行くのは気が引けた。
新規開拓と違う横道をチェックしてみると、ラーメン店や定食屋に混じっておにぎりのお店があるじゃありませんか!
おにぎり2つとみそ汁、漬け物で480円とリーズナブルな価格。
おまけにおにぎりの種類は40種類ほどあった。

ちょいむすに通っていた人間としては、他のお店で食べるのは浮気するみたいでちょっと悲しいのだけど…。
だけどちょいむすはすでに閉店をしてしまったし、ホームページで紹介されているお店に行く機会もなかなか無いし、世間一般のお店のレベルを知るという意味で入ったわけです。
やっぱりちょいむすやぎんむすの味にはかなわない…。
あの味は特別だったからな。

辛い出張先で食べた格別な味として、美味しさがさらに美化されているし。
よっぽどのものを食べない限り、超えるというのは無理というものだ。

だけど手頃さと言うことで、これからも行くことになりそうです。
やはり500円以内で食べられるというのは家計にも優しいし。
脂っこくないので、胃にも優しそうだし。

他に良いお店はないだろうか?
もうちょっと発掘してみよう。

初めの頃は誰だって

蕎麦を食べたあとは本屋に行って、先日発売された雑誌を買おうとした。
雑誌を手にとりレジに差し出すと、値段とともにこんな一言が…。
「カバーをおかけしますか?」

「そのままで良いです」と答えたけどさ。
店員さんは恥ずかしそうに雑誌を袋に入れていると、同僚たちはクスクス笑っていましたが。大人の男性の対応としては、「ええ、お願いします」と答えるべきだったか?何か良い受け答えがあれば、是非ともご教授願いたいものだ。

袋を受けとる時に名札を見ると、どうやら研修中の人だったようです。
ほんのちょっとの間違いだ。同じ失敗を繰り返さないよう精進してください。同僚の人達も、温かく見守って欲しいね。
でも数日間はネタにされるんだろうな。ボクがそのレジで買わなければ、こんな事にはならなかっただろうに…。

何だか申し訳ない気持ちなってきた。
お詫びがてら、明日も買いに行くべきか?

うーん、逆効果だな。
素直にやめておこう…。

チャレンジすべき?

今日もで遅くなってたため、夕食は行き着けになりつつある蕎麦とうどんのお店に行った。
ちょくちょく通っているので、もう少し頻度をあげれば全メニュー制覇も夢じゃないかも。

チャレンジするに値するものかは悩むところだけど、意識せずにやって行こうかと思う。
値段も安いし味も普通で量も適量だし。

でもあと何種類あったっけ?
調査してからだな。
そのためにも、明日も行かねば…。

しばらく見納め

昨日の疲れから昼前まで寝ていて、悩んでいたけど思いきって行ってきました。
雪の残る秋津運動公園まで。

目的はジェフと東海大学とのトレーニングゲームです。
風が吹いていなかったけど、ちと寒かったな。
まだ連日の2部練習のためか、動きはあまり良くなかったけどトルコに行っちゃう関係でしばらくプレーをする姿を見られませんからね。
さすがに各種スポーツ番組でトルコの様子は放送されないだろうし。
それなりの人たちが集まっていましたが、特に声援を集めていたのが中島選手で、パスやシュートの一挙手一投足にみんなの目が釘付け!ってのは言い過ぎかもしれないけど、華麗に決めたゴールとかには大きな声援が送られましたから。
パスを出そうとする中島
あとはトレーニングゲームだから良かったものの、決定的なシーンでゴールを外してしまいつつも、何とかゴールを決めたハースにも声援が大きかったかな?
生のジェフもしばらく見納め

それにしても、本当に練習などが見られなくなるのは寂しいですね。
トルコで強豪との戦いを経て、成長して帰ってきて欲しいものです。
その成果の一部を、ちばぎんカップで見られたら最高なんだけど。

ケガだけはしないで、笑顔で戻ってきてくれれば良いかな?
頑張ってきて欲しいですね。

昨日の補足

まず一枚目。サポーターとのスペシャルマッチでドリブルするハース選手です。
四つんばいでドリブルするハース
試合中は子供を抱きかかえながらゴールを決めたりして、リラックスしまくっていました。 試合が終わった後もちょっかいを出したりと、お茶目な一面が全開って感じでしたね。

2枚目は同じくスペシャルマッチでの一こま。阿部ちゃんも子供たちと楽しそうにサッカーをしていました。
子供たちと楽しむ阿部ちゃん

3枚目もスペシャルマッチでの一こま。コーナーキックでのシーンなんですが…。
チーム一の長身・中牧選手に肩車をされながら、見事なヘディングシュートを決める中島選手です。
キャプテン翼もビックリ!?肩車シュート
この2人にピンポイントでコーナーキックを蹴った楽山選手も凄かったけどね。

4つめはメインスタンドで場内放送向けのトークを繰り広げる選手たちです。
メインスタンドで軽快なトークを繰り広げる選手たち

5つめは売り子もやっていたとの情報を得た水野選手です。
各種オプションを装備した水野選手
カチューシャだけでなく、昨日から発売されたパペットとベンチコートも身につけていました。正面から撮影できなくて残念…。

6つめはサポーターズフェスタが終わった後での姉崎での1枚。ワールドカップでも使用される+チームガイストです。
ジェフのロゴ入り+チームガイスト

7つめは普通に繰り広げられたミニゲーム。
当たり前のように繰り広げられる練習風景

8つめはその様子ですが…。
普通にガツガツ削りあっていました。
当たりも当然激しかった
その様子は日刊スポーツの記事にもなっていますが…こんな感じ。

オシム千葉練習、ファン感謝デー後も練習(nikkansports.com)

だがこれでも終わらない。感謝デーが終わるとグラウンドに引き返し、午後6時から2度目の練習を開始。約1時間半、ミニゲームで最後の力を振り絞った。 オシム監督は「論理的に考えてみなさい。ファンとの試合は本当の試合ではない。ハードではなくコールド(寒い)だっただけ。ノルマはこなさなくてはならない」と厳しく言い放った。

23日の全体練習までには、体をしっかりと作っておけと言われた板祖ですよ。これだけ普段から練習していれば、決して走り負けませんね。
今日はトレーニングゲームもくまれているし、選手たちは大変だ。サポーターもスタジアムでもっともっと声を出していかねば…。

サポーターズフェスタ

いわゆるファン感謝デーに行ってきました。
久々の臨海でしたが、ハースからゲートフラッグにサインをしてもらったりして、個人的に良かったです。

終わった後は姉崎まで練習を見に行ったし、ジェフづくしの一日だったかも。
いい気分転換になったよ。

写真も整理して、アップしなければ…。
その前に、家につかなければ何もできませんが。

反比例するもの

仕事が忙しくなるにつれて徐々に集中力が増してきた気がする。なぜだろう?
やはり適度な忙しさが本来のリズムなのかもしれないな。

ま、比較的に忙しい職場が多かったのも原因だろうけどさ。
休める時にはしっかり休んで、やらなきゃいけないときにしっかりとやりますか。

明日は臨海に行って、リフレッシュしてこよう。
久々の臨海、楽しみだな。
防寒対策だけはきちんとしておかねば…。

PSPの準備もしておこう。