第24節のメンバーと結果

トップリーグ
システム 3-5-2
チーム時価総額 7億8620万 → 8億5100万
キャプテン 阿部 勇樹

FW 佐藤 寿人(5) / 播戸 竜二(5)
MF 山岸 智(8) / 堀之内 聖(9) / 鈴木 啓太(6) / 二川 孝広(12) / 阿部 勇樹(18)
DF 水本 裕貴(10) / 田中 マルクス闘莉王(12) / 加地 亮(12)
GK 岡本 昌弘(6)
控え 青山 敏弘(7) / 増田 誓志(5)

合計 101fp(リーグ共通平均61.4fp)
累計 476fp
シーズン 1,453fp

トップタンリーグ 7,640チーム中 6,228位(↑)
リーグ共通 135,264チーム中 8,021位(↑)

久々の3桁台、ベストイレブンは二川、加地でした。
フェルナンドを入れていたら、どれだけ凄いことになっていたか。
過ぎたことを悔やんでも仕方ないですね。

ここのところ、清水と心中作戦やジェフ堅めで失敗していたので、グッピーをGKにするという作戦に。
イエローカードをもらわなければ、8fpだったのにな。
でもフィールドプレーヤーがそこそこ活躍したので、大丈夫でしたけどね。
大分戦でも活躍して欲しいものだよ。

順位は若干上がったものの、未だに降格圏内にいるわけですが。
残り試合で少しずつ上げていって、早めに抜け出したいことですよ。
次節では、5,000番台まで上げたいね。
頑張っていきましょう。

傾向と対策

今週の始めから、ひっそりと勤務地が変わっていたりするのですが…。
徐々に電車に乗るためのポイントがわかってきましたよ。
どの辺りが混むとか、階段に近いとか。

やはり朝の通勤時間に、いかにスムーズな乗り換え・乗車ができるかは、非常に重要な問題です。うまくポジションど取りをして、朝からEL GOLAZOを読むのだって大変なんですから。

その代わり、帰りの電車では読むのが多少大変になったかもしれないな。
世の中、うまく行かないものですね。

ただもうちょっと研究を進めて、より快適な通勤時間を過ごせるようにしなくては。

チケットゲットだぜ

本日は文化の日に行われるナビスコカップ決勝戦のチケット販売日だった。
仕事帰りに錦糸町のぴあに行ってきたのだが、ボクの後ろの人もジェフサポーターだった。
なんか嬉しい。

聞くところによると、SS席はものの10分で売り切れて、ホーム側の自由席は40分程度で売り切れたとのこと。
どこまで本当なのかわかりませんが、相手は10冠を目指して戦うアントラーズ。
あながち嘘って訳でもなさそうですね。

どうしても臨海の頃からの風習か、チケットはのんびり買う人が多いのも事実。
なんだかんだ行って、決戦当日にはアウェイ側を真っ黄色に染め上げるはずでしょう。それが出来るよう、一人一人がやるべきことをやっておかないと。
ボクもその日に備えて、仕込みを始めましょうかね?

一ヶ月なんて、あっという間に過ぎちゃうから。
さっさとやらないと、公開するのが目に見えている。

たまにはね

先週、父親が誕生日だったこともあり、長生から戻ってきて、実家に帰った。
プレゼントの焼酎だけだと寂しいと思ったので、近所の白妙で白牛酪餅を買っていった。

一緒に酒を飲んで、一緒に食事して、一緒にお菓子を食べただけですが。
サッカーの試合ばっかり見てないで、たまにはこういうこともしないと。
そんな風に思ってしまいましたよ。

とか言いつつ、次に変えるのは年末辺りになるんだろうな。
シーズンが終わらないことには、土日は忙しいからさ。

9月の太陽の下で

昨日の話。
土曜日の勝利の余韻に浸りつつ、今年最後となる長生での試合を見に行った。
あ、ジェフレディースの試合ですよ。
紫外線が厳しかった長生

相手は首位を走る大原学園で、フクアリでのホーム開幕戦で引き分けた相手です。
アウェイでの話を聞いたりしていたけど、やっぱり首位にいるチームでした。正直言って強かったですよ。
前半は長生特有の海風の中、風下というシチュエーションながらも無得点のまま切り抜けた。その代わり、こちらもゴールを奪えなかった。
風下だった前半の様子

後半は風上に立ったものの、ゴールを奪えないどころか逆に先制点を許してしまった。
しかし慌てることなく、5分後には石田選手のゴールで同点に追いつき、一進一退の攻防を繰り広げつつも得点が奪えず、無情にも試合終了のホイッスルが鳴ってしまった。
首位の大原学園にしてみれば2位の新潟に勝ち点で追いつかれて、得失点差で2位に後退した結果になり、4位のジェフレディースにしてみれば3位との勝ち点が2つ広がった結果となり、試合後の両チームの選手とも悔しい表情をしていた。
引き分けを残念がる両チーム

ただリーグは終わりではなく、まだ5試合残っている。
最後まで諦めず走り続ければ、きっと良い結果を残せるはずだよ。
頑張れジェフレディース!

変えてみた

ここのところ、リーグ戦で勝っていないジェフ。
験担ぎって訳じゃないけど、いつもやっていることをやめてみた。
たとえば、普段は着て行っているジェフのTシャツの上から、ドイツ代表のレプリカを着ていったり、スタバで使うためのタンブラーを持って行かなかったり、黄色いスニーカーを履かなかったり、色々やってみたんですよ。

でも効果は絶大でしたね。
5月の浦和戦以来のリーグ戦完封勝利。
グッピーも試合をこなすごとに、安定感が増してきていますし。
さらなる期待が持てるんじゃないでしょうか?
円陣を解きダッシュする選手

今日の勝利で、水曜日の勝利が無駄にはならなかったと思う。
あとは自信をつけて、一試合ずつ戦っていくだけですね。
嬉しそうなグッピー

優勝は正直言って絶望的だけど、賞金圏内なら十分ねらえる。
ナビスコカップ決勝も大事だけど、リーグでも安定した戦いをしてほしいな。
そのためにも、もっともっと応戦しなくては。

第23節のメンバーと結果

トップリーグ
システム 3-4-3
チーム時価総額 8億250万 → 7億8620万
キャプテン 阿部 勇樹

FW マルキーニョス(5) / 田中 達也(6) / 我那覇 和樹(13)
MF 藤本 淳吾(3) / 枝村 匠馬(6) / 堀之内 聖(8) / 阿部 勇樹(8)
DF 青山 直晃(3) / 高木 和道(4) / 箕輪 義信(-1)
GK 山岸 範宏(8)
控え 兵働 昭弘(3)

合計 63fp(リーグ共通平均61.5fp)
累計 375fp
シーズン 1,352fp

トップタンリーグ 7,641チーム中 6,703位(↓)
リーグ共通 133,859チーム中 8,728位(↓)

エスパルス戦を観戦するため、清水の選手を大量に入れたら…。
こんな結果になっちゃいました。
やっぱりリスク分散しなきゃダメですね。

嘆いたところで仕方ない。
落ちるところまで落ちたんだから、後は上っていくだけですよ。
とりあえず、順位を3,500位以上まで戻したいですね。

またメンバーを大幅に変えないとダメかな?
けが人もいることだし、必然的にそうなるのだけど…。