たまには祝杯を

久々にゆっくりとサッカー観戦をしました。
こんなにゆっくりしたのは、いつ以来なんだろうと思えるぐらいに。

家から一歩も出ずに、何週間ぶりに布団も風通しすることが出来たし。
網戸もだいぶ綺麗になったし。
いかにも休日だと思える一日だったかも。

なんだか部屋が明るくなった気もして、心のゆとりというものが出来てきたよ。
仕事も一区切りついたというのも大きいかも。

なので時間的なゆとりもあり、名古屋と甲府との試合に始まり、本命の横浜FCとの一戦を見て、気になる大宮とガンバの試合を見て、さらには磐田と浦和の試合を見ましたよ。
試合終了直後の川崎と神戸の試合の様子も見ちゃったりして。
すっげー嬉しそうだったよ。

嬉しそうにしている光景を、お互いに勝てて良かったねとスルーできる心のゆとりまで出来ちゃいましたよ。
やっぱり休むって大切なことなのね。
改めて実感したな。

そんなわけで、久々に日本酒でも飲みますよ。
中断前の大事な一戦で、内容はともかくとして勝ち点3がとれたんですから。
喜ばずにはいられないよ。

酒の肴はスーパーサッカーの映像にしようかな?
たまにはそれも良いのかも。

両国という街

現在、両国勤務な訳ですが、近くに両国国技館があったりします。
なので駅前には相撲部屋があり、昔は「おお、力士がいる…」とか「Sumo wrestler!」とか新鮮な光景だったけど、最近は見慣れてしまった感がある。
普通にコンビニで立ち読みしている若手力士はいるし、ジャンクフードを山ほど購入している人もいたし。

そんなことはさておいて、国技館というのは相撲だけでなく色んなイベントが開催されるんですよ。
先日もワタミとスタバの株主総会もあったし。
昨日なんて送別会が終わって外に出ると、やたらと体格の良いあんちゃんたちがいて、中には赤いマフラーをしている人もいて、何なんだと思ったりしたわけで。
なんと猪木の新団体旗揚げのイベントがあったそうですよ!

よく見ると赤いマフラーには、金色で「闘魂」という文字が刺繍されていました。

そんなイベントが開催されている割には、何一つ参加したことがないのは悲しい。
なにせGUNNERSのライブにも行けてないし。

引き上げる前には、両国で何かイベントらしいイベントに参加したい。
せっかく両国に来ているんだし。
思い出がちゃんこ鍋だけというのは悲しいからね。

2007年 第17節のメンバーと結果

イースタンリーグ
システム 3-5-2
チーム時価総額 4億7870万 → 4億7490万
キャプテン バレー

FW バレー(4*2) / 佐藤 寿人(6)
MF 梅崎 司(0) / 羽生 直剛(9) / 駒野 友一(7) / 村上 和弘(2) / 本山 雅志(7)
DF 水本 裕貴(3) / 岩政 大樹(9) / 伊藤 宏樹(2)
GK 川島 永嗣(3)
控え なし

合計 56fp(リーグ共通平均58.1fp)
累計 974fp
シーズン 974fp

イースタンリーグ 13,373チーム中 5,581位(↓)
リーグ共通 114,432チーム中 21,886位(↓)

落ちていく、ああ落ちていく、落ちていく。
最後に挽回なるかという感じなんでしょうか?

しかし、外しまくったな。
フロンターレの負けが一番痛いかもしれないが。
前期の最終戦、どういうメンバーで行けばいいのやら。
自爆覚悟でジェフ固めでもしようか?
よっぽどのことがない限り、降格って事はないだろうし。

でもメンバーの予想が難しい。
さーてと、あと1時間半、悩んでみよう。

トラブルは最後にやってくる

珍しく、ほぼ定時で上がれたため、床屋なんぞに行ってきたんですよ。
気分もさっぱりしたので、前からやろうと思っていた、このサイトの文字エンコーディングを、EUCからUTF-8から変更しようとしたんですよ。
手順に沿ってやったものの、最後の最後でうまくいかない…。
管理者権限があるのにもかかわらず、ログインできなくなると言う素晴らしい状況。

仕方ないので再構築して、バックアップしたデータから投稿データを復旧した次第です。
UTF-8に移行する過程で、「~」の文字が化けちゃっているようなので、一つ一つ直してます。
他にもまだおかしな所があるのだろうか?
探して行かなくては…。

今そこにある危機

映画の話ではありません。
昨日NHKで放送された、鬱病に関する番組の感想って感じですかね。

もうちょっと仕事の量を考えて、体と心の両方を休ませなくては。

ここ最近、いつも昨日の話になっているけど、これは無理して書き続けないと決めているからなんですよ。
あんまりいないとは思うけど、楽しみにしている人がいたらごめんなさい。
暇になったり、ゆとりが出来たら何とかしますので。

日曜日のジェフ

すでに昨日の話になりますが、埼玉スタジアム2002第2グラウンドへ行ってきました。
レディースの試合を見に行ったわけですが、みんなで第2グラウンドなのに、芝の状態や設備に唖然としていました。
埼玉スタジアム2002第2グラウンド

3連勝と波に乗っているチーム状況で、相手は前節に大量16点を奪って勝利しているAS狭山。
先制点が欲しいこの試合で、前半9分に先制し、4分後に追加点と良い流れだったものの、前半の終了間際に1点返されてしまった。
後半は焦ることなく試合を進めてゆき、後半に2点を追加して4-1の勝利!
テンポ良くパスをつなぎ、人とボールが動く理想的なサッカーだったと個人的には思います。
シュートも積極的に狙っていったし、見ていて楽しい試合でした。
ドリブルで攻め込む清水選手

心配されていた雨も、観客席に屋根があったために平気だったんですよ。
もし雨に打たれていたら、体調とかも崩していたんだろうけどね。
屋根様々って感じで、本当に助かりました。

ただし、試合前にやっていたロングスローの練習で、ちょっと肩と腰が張っていたのはここだけの秘密だ。

先週末で無事に月間2試合観戦という目標は達成できました。
他の目標の達成に関しては、ちと微妙だけど…。
さてどうなる6月?
チャンスは残りは実質1日だけだ!

土曜日のジェフ

まずは土曜日の話から。

土曜日出勤が長引いて、スタジアムに着いたのは後半の10分ぐらい。
電車の中で速報を見ていたときはスコアレスのはずだったのに、何故か先制点を許しているじゃありませんか!
その後さらに追加点を許し、何とか直剛のボレーシュートで1点を返すのが精一杯でした。

はあ、久々の試合観戦が負け試合とは…。
久々の試合でこれを見るとは…
思えば、リーグ戦での勝ち点は千葉ダービーでの1のみ。
その勝ち点1だって、ダービーでのホームゲームだから負けに等しいわけだし、勝ち点1で喜んじゃダメだと思う訳よ。
そりゃシーズン終了時には、この勝ち点1が大きな意味を持つかもしれないけど、現時点では3でなかったと反省すべきものだろう。

そんな試合のあと、渦中の人であるストヤノフのチャントやコールが延々と続いた。
最初はスタジアムでやっていたけど、そのうちスタジアムの外にある広場で集まって、最後には今後のやり方について話し合いになったようですが…。
フクアリの外でストヤノフコールが続いた

よくわからないのは、途中から集まりに飽きた小学生の女の子と、必死に鬼ごっこをやっていたからでして、日頃の運動不足を実感しつつも負けないよう必死に走ってましたのでね。
自宅に帰って万歩計を見たら、結構な数値になっていてビックリしたのは、ここだけの秘密の話だったりする。

一ヶ月半ぶりのフクアリは、「大丈夫か?」と思ったのが感想かな?
試合の映像を見ていないので何とも言えないけど前半の様子を聞く限り、先行き不安なところがあるので。

何はともあれ来週の横浜FC戦は、この一戦に命をかけるぐらいの意気込みで戦って欲しい。
ちっとも観戦していない人間が、こういうのも何だけど、久々に見てもそう思ってしまうので。

いったいどんな秋を迎えるのやら。
安心して最終戦を迎えたいものだよ。
そうなって欲しいのは、きっとボクだけじゃないはず。

ね、そうですよね?