2007年の10大ニュース

一応、毎年恒例なので。
10大といいつつ、5大で勘弁してください…

5位 Lレンズ購入
昨年購入した30Dに続き、とうとうあこがれのLレンズを買っちゃいました。
写りなどは値段に見合うだけのもので、ほかのLレンズもほしくなってきてしまって…。
沼にはまりそうで怖いです。

今のところ、何とかセーブしてますけどね。
来年はどうなることやら。

4位 ドリカム
生まれて初めて、DREAMS COME TRUEのライブに行きました。
場所は国立競技場で、正装と言うことで代表のレプリカを着ていきました。
背番号は11の巻バージョンです。
なんて言えばいいのか、すごいパワーだった。

これで昨年の横浜スタジアムライブを含めて、スタジアムライブは毎年行ってますね。
来年も誰かのスタジアムライブに行ければな…。

3位 一都三県
久しぶりに、遠征等に行けませんでした。
今年の経験地は千葉・埼玉・東京・神奈川だけでした。
来年は九州・四国・北海道、せめて大阪には行きたい…。

2位 ジェフ
2002年に応援して以来、これほど勝利の瞬間を見られなかったのは初めてだった。
レディースも不敗記録が途絶えてしまった。
うう、なんてこったい。

ここ数年、おきまりとなった契約問題で、心落ち着かない日々を過ごすことになっているし。
おかげで卓上オンデマンドカレンダーが購入できません。
1月の中旬ぐらいには購入したいっす。
あとシーズンシートも継続購入してないし…。

ま、年があげたら、いろいろやりますよ。

1位 仕事
なんと言ってもこれでしょう。
昨年からとてつもなく大きなプロジェクトに携わっていて、秋にようやくカットオーバーを迎えたんですけどね…。
その犠牲というか、残業とかすごかった。
久々に完徹もあったし、終電に乗り損ねたこともあったし。
プライベートの時間をかなり削ったし。

一人の人間として、これで良いのかと悩んだ時期もあったっけ。
もう忘れちゃいましたが。

来年はもうちょっと楽になると良いんだけど。
どうなるんだろうか?

忙しさを理由に、更新とかもかなり滞った。
やばいよね…。

—–

来年はもうちっとがんばりますので、引き続きごひいきのほど、よろしくお願いいたします。
それでは皆様、よいお年を!

2007年 第34節のメンバーと結果

イースタンリーグ
システム 3-4-3
チーム時価総額 5億4620万 → 5億2800万
キャプテン ジュニーニョ

FW バレー(9) / ジュニーニョ(4*2) / 大久保 嘉人(2)
MF 水野 晃樹(2) / 中村 憲剛(8) / ポンテ(4) / 佐藤 勇人(-1)
DF ネネ(3) / 水本 裕貴(-1) / 伊藤 宏樹(5)
GK 都築 龍太(8)
控え なし

合計 47fp(リーグ共通平均54.1fp)
累計 945fp
シーズン 1995fp

イースタンリーグ 16,170チーム中 12,153位(↓)
リーグ共通 128,443チーム中 28,655位(↓)

今年の汚れは今年の内にって訳じゃないけど、今シーズンの結果をアップしておこう。
ま、最後の最後まで落ち続けていたんですけど。

順位的な話をすると、降格ゾーンに入ってます。
多少の調整があったとしても、たぶん無理でしょう。
ジェフの代わりに落ちたと思えば、多少は気楽にいられる……かな?

まあ、その、ジェフの調子に泣かされた一年だったかな?
来シーズンは出直して、すぐにイースタンリーグに復帰しますよ。

スティーブの歌声

一昨日の話。
一昨日の話やけど聞いてくれ。

朝、いつものように通勤していたら、斜め前に座っていた外国人、スティーブ(仮名)がiPodらしきものを取り出したのよ。
黒いケースだったのは覚えていて、イヤホンを耳にねじり込もうとしていたところまで見たんだ。
現にボクだってミスチルのinnocent worldを聞いていたし、誰だって満員電車内で暇をつぶしたいわけっすよ。
曲を聴きながら、心地よいひとときを過ごしていた。

異変は数分後に起こった。

なんか別な歌が聞こえるのよ。
発生源を探したところ、なんと先ほどのスティーブ(仮名)が目をつぶって、心地よさそうに歌っているじゃないか!
もちろん英語の歌詞で、誰の何の曲かは知らない。
徐々にノリノリになってきて、ほかの乗客もスティーブ(仮名)をちょくちょく見るようになった。

3駅ほどでボクは降りることになったのだが、スティーブは(仮名)はその後も歌い続けていたと思うのだが…。
こういう場合、彼にどう注意すべきなのだろうか?

  1. 「静かに!」と英語で注意する
  2. 「せからしか!」と怒鳴りつける
  3. 「電車内は公共の場なので、歌うのは良くないと思いますよ」と言う感じの英語でやんわり注意する

ま、ちょっと離れていたので、注意できませんでしたが…。
英語で注意しようと思って、「シャラップ」がとっさに思いついたけど、和製英語か何かで通じるか自信がなかった。
「Be quiet!」とか「Silence!」なのかな?

熊本弁で「せからしか!」と言っても通じるわけないし…。
雰囲気とかで伝わる可能性はあるかもしれないが。

最近英語の勉強をしてないので、丁寧に注意する一文が思いつかなかったし…。
ネットの翻訳サイトを使うという手段が、とっさに思いつかなかったよ。

はあ、これからの国際社会、生き抜いていけるのだろうか?

「人の振り見て我が振り直せ」というし、電車内で歌わないように気をつけよう。

時は止まらない

Merry X’mas!なんて言えるのもあとわずかで、世の中は年末モードまっただ中です。
遅々として進まない年賀状制作に頭を悩ませつつ、Photoshop Elementsの不調に涙を流し、完全に現実逃避しちゃってますが。

うう、メインのものとして考えていた、今年の思い出の写真がないんですもの。

特にジェフ関係のが悲惨で、そもそも勝った試合に立ち会えたのが2試合だけで、歓喜の瞬間を撮ってないわけですよ。
残っているのはゴール裏で頭を下げて謝っている写真ばっかり。
「お願いします」という意味で使うというアイディアもあるけど哀愁が漂っていて、とてもじゃないけどおめでたいときに使える代物じゃない。

サッカー関連以外の写真だって同じようなことが言えまして…。
忙しさのあまり一都三県しか行ったことのないため、これぞというものがなくてさ…。
結婚したり、子供が生まれたりしていれば、そういう写真を利用するって方法があるのだけれど、今のボクには使えないわけっすよ。

戌年の時は良かった。
ジェフのオフィシャルサイトで、年賀状の画像を用意してくれていたんだから。
ネズミの写真なんてものは、ボクのストックにはありません。

さてどうしよう?
仕事を休んでまで、浦安市内の某所へ写真撮影へ一人で行くのもね…。
お風呂にでも入って、気分転換してみよう。
良いアイディアが浮かぶかもしれない。

クリスマスディナー

昨日の話ですが、生まれて初めてクリスマスディナーなるものに行ってきました。
当然のごとくおめかしして、食べ慣れない食べ物と格闘しましたよ。
おいしかったな。

クリスマスディナーのデザート

奮発していった訳ですが、今回のは良い経験になりました。
テーブルマナーなどの必要性を強く感じ、常日頃からの行動を改善しなくてはと思いましたから。
一朝一夕では身につかないので、小さなことからコツコツとだな。

道のりは遠く険しく、世間一般のレベルにたどり着くのはいつのことやら。
でもがんばらなきゃ。

今年最後の運試し

昨日の話ですが、仕事帰りに年末ジャンボ宝くじを購入してきました。
ここ数年は有楽町で購入していたのですが、職場からだとちょっと面倒な場所なんですよね。
なのでアドレスでお店を調べて、亀戸に行ってきました。

亀戸駅北口の宝くじ売り場
有名な場所のため、すでに何人もの人が並んでいるじゃありませんか…。
さすがに販売最終日だったし、せっかく途中下車してまで行った訳なので、自分の年齢と一緒の連番30枚のバラ1枚を購入しました。

さあ、今年は元が取れるのかな?
1億円が当たったら、EOS-1Ds Mark IIIとかMacBook Proとか現金で買っちゃおう。
期待されていない結果は大晦日にでも。
タワシ製の亀

ロッソネロの祭典

ああ、ようやくクラブワールドカップについて、記す余裕が出てきたぜ。

まずは三位決定戦。
キックオフぎりぎりに到着し、あわただしく試合開始。
開始早々、PKで先制点を許すものの前半のうちにワシントンのゴールで追いつき、後半には再びワシントンのゴールで浦和が勝ち越した。
ワシントンの2得点目

しかし、浦和は同点ゴールを許してしまい、試合はPK戦で勝負を決することになった。
前の日もPK戦でドキドキし、まさか二日連続でPK戦に立ち会うとは思っても見なかった
ACLの準決勝ほどでないにせよ、ゴール浦にはLフラッグを持った人が集まり、スタジアムからは浦和を勝たせるような声援が響き渡る。

そんな声援を受け浦和の選手は全員決めて、PK戦に備えてGKまで変えたエトワール・サヘルは1人目がポストにはじかれて、4人目が都築に止められてしまった。
Jリーグ代表、開催国日本の代表、そしてアジア代表として戦った浦和レッズは3位になったわけです!
万全のメンバーでなかったにせよ、ここまで戦い抜いた浦和には賞賛を送りたい。
世界まで飛び出して声援を送り続けたサポーターたちにも、おめでとうの言葉を伝えたい。
PKを止めた都築

—–

そして、メインイベントとなる決勝戦。
キックオフの前にはボカがビッグフラッグを出してきた。
いつの間に仕込んだんだろうと思ったけど、きっとその辺は手慣れたものなんだろう。
こういう光景を見てしまうと、自然と胸が高まるものです。
ゴール裏に出現したビッグフラッグ

試合内容は、ため息が出てくる試合だったかな?
万全の準備で挑んだACミランが、その対価となる結果を得られた感じかな?
カカーもバロンドールを獲得した選手という力を、存分に見せつけてくれたし。
チケット代の元は十二分に取れました。
3点目となったかカーのゴール

とりあえず、来年の2008年までは日本開催が決まっています。
まず間違いなく、来年も見に行きますよ。
やはりビッグゲームを見に行けると言うことは、とてつもない幸せの一つですよ。
欧州CLは予選リーグが終わり、これから決勝ラウンドの抽選が明日行われるのかな?

オフシーズンの間は欧州リーグで、見る目を養わなくては。
今年の締めの試合としては、最高のものになったかも。
来年もすてきな試合が見られますように。
4度目の世界一となったACミラン