まさか見られるとは

お出かけしていた帰りに、日暮里駅を通った。
ふと案内板を見ると、前から生で見たかったものに出会えた。
R25で紹介されていた「修悦体」という文字だ。
話題の「修悦文字」作者にそのテクニックを聞いてきた!(R25)

修悦体で書かれた案内板

写真を見てもらえればわかりますが、ガムテープを使った独特な文字のことです。
行きたいと思いつつも、普段は通らないルートだったからね…
見つけたときには、迷わず写真に納めてしまった次第です。

見事なものですね。
ゲートフラッグにこの技術を流用できないか考えたりしましたが、ボクにはとてもとても難しそうだな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください