一年が経ちました

忘れてはいけない3月11日、いろんな人がいろんな場所でいろんな思いを持ちながら迎えたことだと思います。この一年に考えることがいっぱいあり、人によってはそれを行動に移せた人も居たし、ちょっとだけできた人、全くできなかった人も居ると思います。

ボクはどちらかというと何もできなかった方の人だと思います。

自分の事で精一杯だった気がして、最初の頃に募金をしたぐらいで、節電にも協力したぐらいで、ボランティア活動を行ったり、自衛隊の方や原発の場所で命をかけて戦った方には頭が上がりません。

でも自分にできることは限られているし、地に足をつけて自分でできる範囲のことからやっていけば良いんじゃないかと思ってます。数日から数週間で終わる戦いでもないし、これから先、どこかで役に立つ機会が出てくるかも知れない。そのときに備えて、今は力を蓄えたり、自分を磨いたりしようと思ってます。

役に立てるとしたらどういうことだろうか。普段の仕事を考えるとIT関連のはずだけど、Webの記事などを見ると自分には先頭に立ってアプリを作ったり、サービスを作ったりするのも無理っぽい。できるとしたら、有益な情報の拡散とか、打鍵の手伝いとか、そういうものぐらい?

ぱっと考えるとそれぐらいしかない。

特殊な能力を持っているわけでもないし、自慢できるようなこともあんまりないはず。今の自分に何ができるのかと考えながら、これから先も生きていかねばならないと思ってます。

それがあの震災のあとに生き残っている人の使命であり、今の時代に生きている人ができることの一つじゃないかと考えています。

あんま偉そうなことを言える立場じゃないけど、次の一年に頑張ったと思えるよう、少しでも成長していきたいです。そのためにもできることを増やしていきます。

みんなで一つ一つ壁を乗り越えていきましょう。