積み重ねるという事

先日、毎年恒例のことながら、一つ年齢が繰り上がりました。
四十路まであと一息という感じです。

さしたる実感はなく、年齢を記入する欄が違ってくるぐらいでしょうか?

80年という人生だとすると、もう折り返し地点になる訳ですね。70年だと半分を過ぎている訳だし…
そう考えると、年をとったことを実感してきます。

少しずつ着実に進行してきている老いというのも、あんまり実感はしていませんが、後で一気に来るのか、それとも知らぬ間に外堀が埋められているのか。神のみぞ知るというやつです。

今はただ、新しいことにも興味を示し、気持ちを若くして過ごしていこうとしています。テレビとかで元気な方を見ていると、皆さん生き生きとしてらっしゃるんですね。

そんな姿を見て、少しだけ真似ようとした次第です。

という事を月末の忙しさで、帰りの遅くなった電車内からアップしても説得力ないかもしれませんが…

ま、のんびりやっていきます。