馴染んだもの

昨年末の話ですが、仕事モードで身につけている時計ですが、秒針が2秒に1回のタイミングで動くようになった。

そう、「電池交換の時期が来ましたよ」と言うお知らせです。

その時期が来たと思いつつ、前回メーカーにオーバーホールを依頼してから数えるとちょうど良いタイミングかなと判断し、先日手続きを済ませました。

届いた発送キットで梱包し、今はカバンの中に入っていて、これから一ヶ月ほどのお別れとなります。

この時計をするようになってからもうすぐ10年という節目を迎えるわけだし、その前にきちんとメンテナンスされることは良かったと思えます。

この先もずーっと愛用していくことだし、そのためにも大切に使っていかないとね。

代わりとなるプライベートモードの時計もお手入れしてあげないとダメだな。タフなソーラー式の電波時計なのであまり気にせず使っているからな。

せめて外側だけでも拭いてあげよう。

身体に馴染んだ大切なもの、気づいたら掛け替えのないものになっていますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください