2回目のワクチン接種

予約した日から早十日、2回目のワクチン接種も終えて日々の生活を送っています。

接種した翌日に頭痛がしてのでバファリンを服用したり、1回目にくらべると痛みはないけれどだるさは増していたよう気がしました。

それでも大きな副反応もなく終えられたのは良かったと思います。

ただし、これで絶対に安全というわけでもなく、今までのように感染対策をしなければダメでしょうね。

リスクを避けてフクアリにも行っていませんが、もう少し涼しくなったら行けるかな?

もとの生活には決して戻れるとは思っていませんが、楽しいことや嬉しいことを感動することを見つけて、少しでも心豊かに生きていきたいです。

これから先はどうなるんでしょうか?年内にはもう少しまともになってくれたら良いな。

一回目のワクチン接種

オリンピックも連日盛り上がり、結果に一喜一憂しているかと思います。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、先週の話となりますが、新型コロナワクチンの一回目の接種を受けられました。

会場に到着するとスムーズに進み、予測していたより早く、自分自身はあっさりと終わりました。経過観察中に隣の列にいた男性が体調を崩していましたが、そのほかの列もスムーズに行っていたんじゃないかと思いました。

数日間は横に寝ると痛みを感じたり、腕を上げるときとかに違和感を感じたり、腕が重いような感覚がありましたが、そこまで体調を崩すことなく過ごせました。

個人差と言えばそうなんでしょうけど、副反応はほぼなかったと言って良いんじゃないでしょうか。その分、二回目の接種の時にどうなるのかがちょっぴり不安だったりします。

仮に接種を受け終わったとしても油断することなく、感染予防に関する取り組みは進めていく必要があります。マスクの着用や手洗いとうがい、人混みを避けると行ったことは引き続き続けていきましょう。

いつどこで強力な変異種が出てくるか分かりませんし、感染した時の影響が想像つきません。きっと多方面に迷惑をかけちゃうんでしょうね。

一日も早い終息を祈りつつも、現実見るとまだまだ先は長いとしか思えない。不要不急の外出は行わないようにして、おとなしく過ごしていきたいと思います。

暑い時期とはいえ、運動不足解消の散歩は少しずつやっていかないと、ダメだろうな。最近は疲れやすくなっていて、別な危機感を感じているので。
バランスを取りつつ、なんとかせねば…

真夏への対策

2021年も折り返そうとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨年の夏はフル稼働だった我が家のエアコン、2010年製造ということで10年以上経ち、万が一に壊れる前には買い換えた方が良いかと思い始めました。

流石に灼熱の8月に壊れるとリモートワークにも支障が出るし、そもそも夜中に寝られるのかとか、生きていくのが非常に不安になります。

仮にピーク時には設置にも時間がかかるだろうし、今ならある程度早めに設置できるんじゃないかと勝手に考えています。

流石に10年も経つと昨日も性能もかなりあがってますね。

命に関わることので、確実に物事を進めたいです。土曜日には決めて、設置の日取りを決めたいですが、機種選びもさっさと終わらせないと…

さてどうなる我が家のエアコン事情?コロナ禍の影響もあるのかな?

見れなくなるデータ

皆既月食は天候に恵まれず見られなかった5月が終わろうとしています。

エイプリルフールネタもやる余裕がなく、ゴールデンウィークとかも更新の機会を逃してしまい、最終日にドタバタしています。

さて、以前からiPhoneのアプリでデータ入力をしているのですが、最初に使ったやつは開発者がAndroidに専念すると言うことで使えなくなり、代わりに選んだアプリもiOSのバージョンアップに伴って使えなくなることがわかりました。

あいにく二つ目のやつはデータをエクスポートする機能が無く、このままでは入力したデータが無駄になると思い、ひとまず表計算ソフトでひたすら転記しています。

スマホでどこでも入力できると喜んでいたのに、まさかデータを失う局面になるとは想定外です。悲しい…

他にも日々測定している体温と体重のデータも、何かしらのタイミングで消えたりする恐怖を感じている今日この頃です。

やはりアナログで保存するか、汎用的なCSV形式とかで保持すべきなんですかね?

そういう理由でiOSの更新を止めており、一日も早くデータ入力を終えるべくちまちま打ち込んでいます。

ああ、こんなことなら他の方法で記録すべきだった。6月の上旬には何とか終わらせなければ…

あれから10年

これは予約投稿となります。

生まれてきて、一番地震が怖いと思ったあの日から、とうとう10年という月日がたちました。

使っていた携帯もワンセグチューナー付きのガラケーからスマホに変わったり、仕事も通勤することなく在宅ワークだったりと、当時では考えられな状況だと思います。

特にこんなコロナ禍になっているなんて絶対に想像つかなかったよ。

前の日に何をやっていたのかは記憶になく、その日の午後から深夜にかけての強烈なものしか残っていません。

いつか行こうと思いつつ、未だに果たしていない東北地方への旅行、同じように実現していない熊本への旅行、一連のコロナ騒動が収まったら訪れて、その地でしか感じられない何かを見つけられたなと思っています。

あれから10年、されどゴールがあるとしてもまだ先で、そのゴールに向かっていける手助けみたいなものを少しずつ増やしていきたいですね。何年後かにみんなで笑顔で迎える春が訪れますように!