年末特有の稼働率

あっという間の12月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、日本中での恒例行事となる年賀状作成シーズンが到来しました。先月から行なっているリストの確認を終え、先週末は宛名の印刷を終え、通信面の印刷まで着手しました。

我が家的にも順調な滑り出しと言えまして、ドタバタすることなく12月25日までには出せそうです。限られたスペースに一言を書くという大切な作業はありますが。これはこれで楽しいものでもあるのでなんとかなるでしょう。

そんな12月はプリンターの稼働率も必然と上がるわけで、購入して3年ほど前に購入したはずですが、今までに何回ぐらい印刷したんだろうか?どうやら表示機能はないようで、ざっと計算すると700回は超しているはず。さすがに、1,000回の大台には達してなさそう。

世間一般の人がどれぐらい印刷しているか不明だが、きっと平均以上の枚数に違いない。多い人だと数千回とかいるんだろうな。

まだ通信面の印刷も残っているし、もうひと踏ん張りしてもらおう。そうしたら説明書を見ながらメンテナンスしましょう。あと2年ぐらいは頑張って欲しいし。

年が明けたら写真展向けの印刷も待っている。もうしばらくは稼働率が高そう。労って使ってあげないとダメかな?

寒さに気を付けて、2019年を走り抜けましょう。

新たなる一歩

サッカーの試合で涙したのはいつ以来だろう?振り返るとJ1昇格のプレーオフの決勝だろうか?

ただフクダ電子アリーナ(通称フクアリ)に限って言えば、奇跡の残留を果たした2008年のあの日以来のはず。

試合内容は勝って残留の可能性を手に入れたい栃木SCに負けて、ホーム最終戦だけではなく、引退する勇人のラストマッチを勝利で飾れなかった。

千葉vs栃木 試合記録(ゲキサカ)

試合が終わったあと、各種セレモニーが行われたのですが、勇人の活躍を振り返る映像が流れたらダメだった。昔を思い出し、ナビスコカップ決勝のときには涙腺崩壊。

その後も何かあるたびに涙を流し、トレーナーやタオルマフラーで涙を拭う有様。

とどめはオシム氏のメッセージ、あれは反則ですよ。泣かずにいられない。

同じような感じの人もいたような気もするけど、他人を見る余裕もなく、退場するまでコールしたり手拍子して過ごした。

そんな中、この先にこんな風に涙する選手はどれほど出てくるのだろうかと考えた。ひょっとしたら出てこないかもしれないと不安になった。やはりたくさんの試合を観戦し、苦楽を共にするというのは大袈裟だけど、思い出の多さと深さが影響するのかと…

車内広告のユザワヤを見ると寂しさが募る。インタビューの記事などを見ても、これから新たな戦いを始めるようだし、次なる活躍を楽しみですね。

チームは新監督の下で新しい船出をし、きっと来シーズンはまた違った戦いを見せてくれるだろう。

で、ボク自身はどう変わって行こうか?もうすぐ年を一つ重ねるし、プライベートでも仕事でももっと時間を大切にしつつ、自己の成長を促していかなくてはならない。

資格を取ったり、新しいことを学んだり、SNSとかに費やす時間を削って必要な時間を捻出しないと足りないです。

ちょっと前に読んだ本にそう書いてあっただけで、自分で考えたわけじゃないけどね。納得したので、あとは実践するだけなんですが…

まずは漠然とした何かじゃなく、具体的な目標を決めて見よう。そして一日でも早く、そのスタートを切らねば!

二代目がやって来た

帰宅時に一段と寒さを感じるようになりました。あれよあれよと11月の終わりも近づいています。

さて、先日壊れたBluetoothイヤホンですが、ちょっとばかり早い誕生日プレゼントとして新しいのを買ってもらいました。

SONY製の夏に出たもので、わりと人気のあるやつです。

初めての完全ワイヤレスで、世界中の人が「落としたらどうしよう…」という不安を抱えていると思いますが、それよりも高い利便性をとった次第です。

やっぱり通勤電車の混雑した空間ではケーブルがないと言うだけで格段に便利です。iPhoneにSuicaが入っていることもあり、改札の通過も楽です。

1週間ほど予備のイヤホンを常用していたけど、ケーブルの煩わしさがないことの幸せを実感します。ビバ❗ケーブレス❗❗

ただ、いかんせん、バッテリーが切れるとどうにもならないところは変わらない。今現在がその状況ですけど、常にケース自身を含めてバッテリーの残量だけは気を付けないとダメですね。

いざという時のために、予備のタイプCのUSBケーブルを買っておかねば。

でも買って良かったお思います。通勤時間を少しでも快適にできるかどうかでモチベーションを保ったり、気分転換ができる訳なので。帰宅したらちゃんと充電しておこう。

さあ、2019年もあと40日あまり、年賀状作成や大掃除のイベントも控えてる。

だけど今年はもっと大きなイベントが先にある。感謝とともにその日を迎えたいですね!

さあ、降りますか。

夢と現実の狭間から

帰りの電車、駅のホームでは特攻服風の人やピエロ風の人、ふしぎの国のアリス、ラブラブなカップル、いろんな人がいました。これがハロウィン🎃なんですね…

同じように疲れたサラリーマンと同居するこの空間、不思議な雰囲気ですなぁ。

そんなわけで11月に突入し、今年も残り2ヶ月を切りました。早いよ早いよ。

まあ、これと言って何かあるわけでもないのですが、単に電車が混んでいて、本や電子書籍を読むスペースがないだけ。そう、なんとなくの空き時間です。

Bluetoothのイヤホンが分裂したり、波乱で始まりましたが忙しい年の瀬に向けてイベントが盛り沢山、心も体も無理せずに過ごしていきたいと思います。

まず土曜日の決勝戦が楽しみですかね?生まれてこの方、これほどラグビーと言う競技をじっくりと見たことがなかったし、ここまで盛り上がるとも思わなかった。

まだ見知らぬものとの遭遇、そこで起こる化学変化、まだまだ感動するものといっぱい出会えると思うと前を向いて歩ける。そう思えるようになりました。

さてさて、予想通りの電車遅延に感謝しつつ、さっさと帰って寝ましょう。まだ月初の忙しさは始まっていない。

寝過ごし注意、あと一駅の油断が怖い。そういうお化けはいるのかな?

秋風と共に

ハロウィンで盛り上がる10月の最終日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

夏が終わる頃にはハロウィン🎃の宣伝が始まり、気づけばクリスマス🎄、おせち料理、年賀状と年末年始を彩る宣伝広告を見かけるようになりました。

今年だとそれにラグビーワールドカップ🏉も加わり、非常に盛り沢山な10月になりました。

本当はノホホンと終わらせようとしたのですが、今朝飛び込んできた衝撃のニュース、そう首里城炎上です。

沖縄には社員旅行で一度だけ訪れたことがあり、その際に首里城の見学もしました。晴れた日で澄んだ青空を背景に、赤い首里城がそびえる美しいコントラストを思い出せます。

確かスマホには移してなかったけど、外付けのハードディスクには残っているはず。あとで発掘してみよう。

近年は災害などで伝統的な建造物や当たり前のようにあった自然環境があっという間に失うことが起きています。

改めて多くの人たちの協力で残っている数々の遺産たちを大切にし、後世に残していくことの大切さ、難しさを感じる次第です。

話が大きくなってきた。

元に戻って首里城のことは詳細が分かり、できるだけ早く美しい姿を取り戻してほしいものです。朝のニュースを見る限り、沖縄の人々にとって大切な存在であり、心の依代のようなものだと思います。

熊本地震で被害を受けた熊本城、今回の火災で姿が変わり果てた首里城、原因は違うけど再び立派な姿が見られる日を待ち望みます。

また旅行で熊本にも沖縄にも行ってみたいね。何年後になるかわからないけど、立派な姿を目に焼き付けたいね。

いざ行かん、南の空へ!