だらだらと過ごすのも

数年ぶりに紅白歌合戦を見て過ごした大晦日、平成最後の大晦日ももうすぐ終わります。

あれをやろう、これもやろうといろいろ考えていましたが、力尽きて寝たこともあり、全部ができませんでした。そもそも大晦日にまとめてやろうとすること自体が間違っているんですよね…反省しなきゃな。

今年一年、少しは成長したんでしょうか?仕事でも目標を立てましたが、まだ努力不足なところもある。隙間時間を使って、もっと本を読んだりしていたはずだけど…おかしいな。

ただおそばを食べながら、のんびり過ごした時間を考えると、たまにはそういう時間の使い方はありなんじゃないかと思いました。要はメリハリをしっかりつけて、貴重な時間を有効活用していくのが大切なんですよ、多分。

振り返りつつ、常に前へと歩んでいこうと思います。もっと計画を立てて、それを着実に実行していきたいですね。

それでは今年1年、ありがとうございました。

来年に笑顔で過ごせる新年が訪れますよう、心よりお祈りいたします。

技術の進化

先週末ですが、夫婦でボヘミアン・ラプソディを見てきました。電車の乗り継ぎも良かったし、スタバでのホットする出来事にも満足した映画鑑賞でした。

実はDolby Atmosという音響設備の良い映画館を選んで行ったのですが、全身で感じるような音がすごかった。本編自体も興味深く面白かったけど、音がすごい。語彙力に乏しいけど、本当にすごかった!

Dolbyのサイトには次のような説明が記載されています。

ドルビーアトモスシネマサウンド

ドルビーアトモスは、音声オブジェクトと天井スピーカーという映画音響にとって重要な2つの概念を導入することによって、力強い、移動するオーディオを実現します。

イメージつきますか?サイトの下の方に長々と説明が書いてありますが、とにかくものすごい技術の進化です!作り手たちが表現したかった事がかなり実現できているのではないでしょうか?

これから見ようとする方は映画館の設備を確認し、可能ならば対応のシアターへ行くのがおススメです。熱烈応援上映会とかも興味あるけど、またこの設備のある映画館へ見に行きたい…本当に。

きっと全国でそう思っているリピーターが多いんでしょうね。観客動員数も伸びているようだし、まだまだ盛り上がっていく事でしょう。

今年も残りわずか、思い残す事なく新年を迎えたいですね。

さ、仕事納めを頑張りますか。

平成最後の年末

また一段と寒くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

暑い暑いと思っていた日々が懐かしく感じられます。外へ出るときもコートが当たり前となり、手袋もたびたび使うようになりました。

朝夕は寒く感じるときもあり、街ゆく人を見ても、皆さんそれなりの格好をしていますね。自分の格好が薄着に感じるときがあります。

だからマフラーや帽子も出さなければと思った日もあります。思っただけで、まだ実践していません。しないとダメだよね。

もう11月も終わりますからね。そういうタイミングなのでしょう。風邪を引かないための最善を尽くさないと……

あと一ヶ月で2018年も終わりとなります。平成最後となるクリスマスが来て、あっという間に平成最後の大晦日、そしてお正月が来るのに違いない。平成最後のイベントも残り少なくなりますね。

我が家的には平成最後の年賀状作成も着手しなければ。今年はどんなデザインにしようかな。

皆さんの平成最後のイベントはまだまだありますか?お互いにイベントを楽しめると良いですね!

年に数度の衝動

帰り道、とある映画のサントラを聴いていました。

伝説のバンド「QUEEN」を題材としたボヘミアン ラプソディと言う映画のものです。絶賛上映中で、とても人気があるようですね。ニュースか何かで見た記憶があります。

最近は「そのうち待てばネット配信する」ということが多く、それを待つのもありなんですが、音響のことを考えると映画館で見てみたいと思ったわけです。団地住まいなので、爆音とか出せませんから。

おそらく、年末にならないと見に行けそうにないかな。その頃はまだ近くでやっているのか不安ですが。多分、大丈夫でしょう。ええ、きっと…

皆さんも映画館に見に行くことはありますか?

見たい映画は、公開終了とならないうちに見に行かないとね。

それまではサントラを何度か聞き込んでおきますか。

ノリノリで始まった11月の最終週、良いことありますように!

台風襲撃の後で

台風の影響で電車を止めるという英断が行われた翌日、当たり前のように出勤することになった10月も終わりが近づいてきました。

あの時はいつも以上に時間がかかったな…

ほかの日にも電車遅延が起き、塩害による送電線トラブルや、線路の陥没とか散々な目に遭いました。

こんなにトラブル続きだった通勤生活は、今までに記憶はありません。

塩害はこの時にどういう物か理解したのですが、思わぬ物への影響があったのです。

それは街のあちこちに植えられている樹木、気づくと風が吹き付けたであろう場所を中心に葉っぱが枯れています。

最初は秋が来たのだとのんびり考えていましたが、全体ではなく一部分と分かったときには…

例えばイチョウの場合、緑から徐々に美しい黄色に変わり、最後に儚く散って行くわけですが…

それが茶色に変わり、散ると言うより枯れるという感じで寂しい状態になっています。

場所によると思いますが、秋の楽しみである紅葉も寂しく終わるんですかね?

それはちょっと嫌だな…

先日発生した台風26号はどうなるのか、ちょっと不安です。軽く雨が降る程度なら大丈夫かな。

これ以上、何事もなく秋が静かに終わり、平和な冬がやって来ることを祈るばかりです。

10月もあとわずか、風邪を引かないように過ごしましょう。

街の書店

昨日の帰り道、気まぐれでルートを少しだけ替えたら、遅くまでやっているはずの書店が閉まっていた。

営業時間が変わったのかと張り紙を見たら、なんと閉店していた

かなり昔からある書店で、記憶を辿れば高校の頃には確実に存在していた。中学生の頃はどうだっただろう。気軽に行ける場所ではなかったけど、多分存在していたんだろうな。

ここ数年は利用していなかったとは言え、知っているお店が無くなるというのはとても寂しい気がします。

 

地元で愛された書店がまたひとつ… 津田沼の書店「BOOKS昭和堂」閉店発表に惜別の声殺到

 

Amazonなどのネット通販が便利とはいえ、個人的に街の書店が無くなるのはまずいなと思い、極力実店舗で買うように心がけていました。

が、どうしてもより専門的な本を探していたこともあり、この書展ではあまり買うまでには至らなかった。

通勤時間を有効に活用するため、職場近くの書店で買うことも多かった。一時期は通勤路からも外れていましたから、そもそも機会すらなかったときもあった。

 

一昔前に比べれば、近くに競合店が増えたし、通販の影響もあって経営的に難しくなったのかと思います。それでも長い間、地元の方々を初めとする多くの人に愛された書店だったとまとめサイトを見て実感した次第です。

津田沼を代表する書店「BOOKS昭和堂」が来月で閉店

 

何事もバランスが大切だけど、やはり多少の便利さを犠牲にしてお店で買うようにしよう。

無くなるのはあっという間だが、また同じ業種のお店が出来るとも限らないし、機会が本当になくなってしまうかも知れない。

まあ、一個人がやったところで、大した力にはならないだろうけどね。

 

それはそうと、BOOKS昭和堂の皆様、長い間お疲れ様でした。

 

img_8740

早く起きた理由

今朝の話、突然三時半過ぎに目が覚めました。

それは綿毛布を蹴飛ばして寝ていたためなのか知りませんが、とにかく目が覚めました。

iOS12リリース日だったこともあり、空いている回線状況を期待してサクッとインストール準備完了、ある程度まで見届けて再び寝ましたが…

昨年もこんな感じだったと思い出しましたが、何かわくわくする物があると子供みたいに目を覚ますのかな?

逆に年齢を重ねて、それが原因で起きやすくなっていたら、ちょっと悲しいけど。

先日も出かけるときに、目覚まし時計より早く起きたし、きっとわくわくが勝っているのに違いない!

そう信じて生きていこう。

さて皆様はどう思いますか?

やっぱり年齢が原因ですかね?違いますかね?