昨日書きたかったこと

今週初めての午前様につき、こんな時間になってしまった。
もう日付が代わってしまったが、昨日は阪神大震災が起こった日。
この時代に生きている人間として、忘れてはいけない出来事の一つじゃないかな?

地震の起きた頃、ボクはちょうど大学入試の勉強の追い込み時期だったりして、テレビや新聞はあまりしっかりと見ていなかったと思う。
部屋でラジオを聞きながら、ひたすら勉強していたんだっけ。
その頃聞いていた、NHK-FMで放送していた渡辺美里ミュージックスクエアが中止になって、「何で放送しないだ?」なんて思っていた程度。
千葉県に住んでいて、直接の被害がなかったのも大きな原因の一つかな。

震災当時のことは、ニュースや新聞の記事の間接的な形でしか知ることが出来なかった。
今と違ってインターネットというものがあるわけでもなく、現地の情報を知る手段がテレビと新聞だけという時代だったし、テレビをあまり見ない生活をすでに送っていたので、新聞という活字中心の媒体でしか、現地の情報を知るしかなかった。
テレビのニュースなんて、夜中に放送していたニュースステーションぐらいしか見てなかったんじゃないかな?
家族や友達が関西にいたら、もっと真剣にニュースをチェックしていたと思うけど、当時は入試がすべてだったから。

—–

1997年の暮れの話。
忘年会という名のオフ会で、生まれて初めて関西地方へ行った。
新幹線で新大阪まで行って、電車を乗り継いで待ち合わせ場所の三ノ宮まで行ったんですが。
震災から3年近く経っていたのにもかかわらず、まだまだ深い傷跡が街には残っていた。
あの光景は忘れられないものだった。

ネットを通じて日本各地の人と知り合い、震災当時に関西に住んでいた人たちの話も聞いたりした。
何で震災に関して無関心だったんだろうか?
当時のボクにとっては、きっと人ごとだったんだね。

—–

頭が回らなくなってきたから、言いたいことだけ言わないと。
いつどこで何が起きるかわからないから、少しでもゆとりがあれば「困ったときはお互い様」という考え方で、自分で出来る範囲のことで何かをすべきだと思う。
決して限度を超えたことはしなくても良いと思う。
一人では小さな力でも、それが寄り集まれば大きな力になれる。

そのためにも普段からニュースはチェックして、今世の中で何が起きているのかは知らないとダメなんだ。
何も興味を持たず、生きていくことは可能だ。
そうした方が楽に生きいけるけどさ。

—–

ああ、時間が時間だけにまぶたが重い。
もはや自分で何をどう書きたいのか、判断つかなくなってきた。
悔しいけど寝よう。
そうしないと、仕事に差し支えるんで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください