世界初と言われても

こんなものが発売されるらしい。

タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ
竏注w入当初はツンツン、使い込むとデレデレに

ま、ツンデレの意味がわかる人は想像出来るかと思いますが、特徴は以下の通り。

 最大の特徴は、音声ガイダンスによる“ツンデレ”ナビゲーションモードを搭載したこと。ツンデレとは、ツンツンした(勝ち気な)性格ながら、好きな人の前になるとデレデレになってしまうというギャップを持った女の子のキャラクターを形容する言葉だが、SEGNITYでも購入当初、チャンネルボタンなどを操作すると女性の声で「チャンネル変える気ぃ!?」や、輝度を上げると「まぶしいんだけど」と、ツンツンした対応。

 しかし、使い込んで仲良くなると「ええーっ、帰っちゃうの?」(電源OFF)、「チャンネル変えるね」、「明るくしまーす」(輝度向上)など、デレデレな応対になる。同社では「ツンデレナビゲーションは世界初だと考えているが、使い込んでいくとフレンドリーに変化していくナビゲーションも初だろう」としている。

他社製品との差を出すのは重要なことで、明確な部分だとアピールしやすいね。
似たようなものを出せば二番煎じと言われるし、いかにリスクを冒して一番最初に市場へ投入するかがポイントなんでしょうけど。

この製品を開発するときに、企画会議とかやったんだろうけどさ。
その時に「世界に類を見ない、このツンデレぶりが特徴なんですよ!」とか「どれぐらいでフレンドリーにすべきなのか」とかと、大の大人が熱く議論していたんだろうか?
ちっとも想像できねえ…。

展示品も気がつくと、ドロドロになっているのか?
それとも店員がこまめにリセットして、ツンとしているのだろうか?
現物を見る機会があれば、一度は見てみたいかも。

投稿者: himitsude

Love our JEF! Love our Chiba!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください