危なかったのか

早いもので、最後の金沢出張生活から2年が過ぎようとしています。
懐かしくもあり、辛かったり、あの出張の後ぐらいから生活が極端に乱れはじめた気がする。
ボクにとっては色んな節目となった、不思議な出張生活だったんですが。

何故急にこの話を持ち出したかと言えば、昨今騒がれている水落建築士がらみの耐震偽装が発端なんです。
出張すると必ず宿泊していたホテルが、今月末をもって営業を停止するそうなんです。
京ぽんでニュースを見ていて、ホテルの名前を見たときにひょっとしてと思ってたんだけどね。
ホテルのサイトに行ってお知らせを見ると、見事ドンピシャリ!

もし、何らかのきっかけで金沢へ行くことがあっても、もうあのホテルには泊まることが出来ないんだなと思うと、ちょっと寂しくなりますよ。
ネットも使えて露天風呂とかあって、今思えばかなり快適な空間だったな。
もう一度ぐらい、泊まってみたかったな。

そんな風に思いつつも大地震とか起きていたら、今こうしてここにいられなかった可能性があったわけ。
この世の中、命あっての物種って言うよね。
ひょっとして、出張で自宅と金沢を行き来していて、あまり幸せな人生ではないと思っていたけど、こうして生きていられていたこと自体が幸せだったのか?

そうか、何事もなく無事に出張生活を終えられたのはラッキーだった訳ですね。

今も残業ばっかりでろくな生活じゃないなと思ったりもするけど、後々考えると何かラッキーな経験をしているのかもしれない。
そうなんだ、きっとそうなんだ、そうに違いないよ。

何事も前向きに、きっと明日には明日の風が吹く。
人生万事塞翁が馬、七転び八起き?

だけど寝不足だけには要注意。
なのでさっさと寝ないとね。
おやすみなさい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください