2008.12.06

また忘れられない記念日が増えました。
いろいろありましたが、奇跡と呼べる残留を果たしました!勝てば何とかなると思っていたが、本当に何とかなってしまうとは……。今日のフクアリの雰囲気は奇跡が起きたんじゃなくて、奇跡を呼び起こしたものだと思う。
それぐらいの応援が出来ていたんじゃないのかな?最後の方はバックスタンド側も、座らずに立って応援してくれていたかと思うのだが。もう記憶はだいぶ曖昧ですな。

2点差というのは恐ろし点差で、次の1点がどういう形で入るのかによっては展開が大きく変わってしまうものです。先月の高槻遠征でも経験したし、この試合の逆転劇を見る限り改めて実感した。
正直言って、2点差になったときは他会場の経過などは一切知らず、目の前の試合をとにかくひたすら応援していたんだよな。もう詳細は覚えちゃいないのだが……
監督の選手交代の意図をみんなが理解し、一丸となってそれを実現できた結果がこれなんだろうね。

まさにWN BY ALL!ってやつですよ。

他会場の結果を知った瞬間

この生存記のキャッチフレーズを「We’ll never, never, never give up!!!」って変更したのはいつぐらいだっけ?「絶対に」という思いを強くするため、5つに変更したのは先月だった気がするけど。
ゲートフラッグに思いを託した「we’ll keep on fighting till the end」というWE ARE THE CAMPIONの歌詞も実現できたんだと思う。

生き残ったのは俺たちだ!

最後になりますが、ボクの見たものが間違っていなければ、試合後にジェフの選手たちがアウェイ側のコーナーへ行ったときに、FC東京のサポーターたちが拍手してくれていたように見えた。ノーサイドの精神と言うべきか、相手へのリスペクトと言うべきか、すがすがしい光景でした。見間違いじゃないよね?
該当者は見ていないと思うけど、本当にありがとうございました。

2008年奇跡的残留劇、フクアリにて終幕

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください