ベストはどれだ?

ここ数年、夫婦でやっていることがあります。それはとある写真展への出展です。

別に大賞がでたりするものではなく、みんなの作品を集めて展示する形式のものです。

そこに出す上で自己ルールみたいなものを決めていまして、「昨年に撮影したものから選ぶこと」と言う単純なものです。すなわち2020年のに出展するので、選考対象は2019年に撮影したものとなります。

1年分を振り返るのは大変ですけど、あーだこーだ言いながら思い出に浸ったり、新たな発見もあったりするので楽しい作業ではあります。

メインテーマとして「野鳥」と言うのがあるのですが…あるのですが…もしかして昨年は良い感じのが撮れてない?狙ったわけではないけど、結果的にそうなっていた。

それ自体は想定内なので、風景とかから良さそうなものをチョイス。ひとまずL版に印刷してから比較し、候補作品を3枚まで選び終えました。

まだA4の写真用紙への印刷が終わってませんが、もし近くに来られる方がいたら見つけてみてください。たぶん締め切りまでには間に合うはず。

みんなの谷津干潟展2020作品募集

あ、キャプションも考えなきゃ…

激動の2019年

早いもので2019年が終わります。予約投稿と言うことで、公開される頃にはすでに寝ているわけですが…ぶっつけ本番でうまくいくのか少々不安です。

今年は台風による被害もあり、平和に年を越せない方も多くいるかと思います。それでも地球は回っているわけで、誰にも平等に2020年という新しい年が訪れます。令和となって最初のお正月を迎え、夏にはオリンピックが開かれます。

歴史に名を残すような大会となるのか、真夏の開催が無謀と思われるようになるのか、今日の時点では全く分かりません。ただやること自体は決まっているので、できる限りは盛り上げていきたいと考えています。

来年のことはさておきますが、今年にやりたかったことは全部出来ませんでした。自己啓発の本を読んだりして自分の段取りを見直したりしましたが、長年染みついた習慣がなかなか抜けません。意識をしても、気づくと楽な方に行動したり、後回しにしてしまいます。

自分を変えるというのは非常に労力が必要なのだと、ものすごく実感した一年、いやここ半年です。今後はどのように成長していくべきなのかと考えたりもし、後にターニングポイントになった年になっていればオッケーです。そうなるよう、これから変わっていかなきゃダメですね。

本当にあと少しで新しい年になります。皆様にとって、楽しかったと思える一年になりますよう、心よろしくお願い申し上げます。お祈り申し上げます。

Buon Anno!(良いお年を!)

次に続くのは?

今月の頭に電子レンジが壊れました。電源を入れるだけでブオーンと言う感じの音がするようになり、さすがに修理ではなく買い替えようとなった次第です。

我が家のレンジ台はちょっと狭く、大手メーカーのパンフレットを見ながら機種を探すのも横幅だけでNGとなり、選択肢が非常に少なかった。

現物を見て購入を決めたのがあったんですが、奥行きを念のため調べるとダメだということで難航。

こうなったらレンジ台も買い替えようと方針転換をし、一気にレンジ周りが新しくなりました!

そうしてやって来た新しい電子レンジですが、まだ使いこなすと言うには早い段階ですけど、ものすごく美味しく温められる!そのことに感動しました。

クルクル回らない仕組みの違いだけでなく、なんか根本的に性能が違う気がする。

前の機種から何年たっているのか分からないけど、買い替えて良かったと断言できるレベル。

クリスマスの時もお世話になったけど、年末年始も大活躍に違いない。生活必需品の進化はありがたい限りです。

次に続くのはなんだろうね?最古参になったはずの洗濯機、来年で10年たつテレビ、その辺りでしょうか?テレビだとレコーダーもセットになるか。

大きな散在は悲しいけど、その分の感動と快適さを得られれば仕方ないか。少しずつ備えて、来年に備えましょう。

年末特有の稼働率

あっという間の12月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、日本中での恒例行事となる年賀状作成シーズンが到来しました。先月から行なっているリストの確認を終え、先週末は宛名の印刷を終え、通信面の印刷まで着手しました。

我が家的にも順調な滑り出しと言えまして、ドタバタすることなく12月25日までには出せそうです。限られたスペースに一言を書くという大切な作業はありますが。これはこれで楽しいものでもあるのでなんとかなるでしょう。

そんな12月はプリンターの稼働率も必然と上がるわけで、購入して3年ほど前に購入したはずですが、今までに何回ぐらい印刷したんだろうか?どうやら表示機能はないようで、ざっと計算すると700回は超しているはず。さすがに、1,000回の大台には達してなさそう。

世間一般の人がどれぐらい印刷しているか不明だが、きっと平均以上の枚数に違いない。多い人だと数千回とかいるんだろうな。

まだ通信面の印刷も残っているし、もうひと踏ん張りしてもらおう。そうしたら説明書を見ながらメンテナンスしましょう。あと2年ぐらいは頑張って欲しいし。

年が明けたら写真展向けの印刷も待っている。もうしばらくは稼働率が高そう。労って使ってあげないとダメかな?

寒さに気を付けて、2019年を走り抜けましょう。

新たなる一歩

サッカーの試合で涙したのはいつ以来だろう?振り返るとJ1昇格のプレーオフの決勝だろうか?

ただフクダ電子アリーナ(通称フクアリ)に限って言えば、奇跡の残留を果たした2008年のあの日以来のはず。

試合内容は勝って残留の可能性を手に入れたい栃木SCに負けて、ホーム最終戦だけではなく、引退する勇人のラストマッチを勝利で飾れなかった。

千葉vs栃木 試合記録(ゲキサカ)

試合が終わったあと、各種セレモニーが行われたのですが、勇人の活躍を振り返る映像が流れたらダメだった。昔を思い出し、ナビスコカップ決勝のときには涙腺崩壊。

その後も何かあるたびに涙を流し、トレーナーやタオルマフラーで涙を拭う有様。

とどめはオシム氏のメッセージ、あれは反則ですよ。泣かずにいられない。

同じような感じの人もいたような気もするけど、他人を見る余裕もなく、退場するまでコールしたり手拍子して過ごした。

そんな中、この先にこんな風に涙する選手はどれほど出てくるのだろうかと考えた。ひょっとしたら出てこないかもしれないと不安になった。やはりたくさんの試合を観戦し、苦楽を共にするというのは大袈裟だけど、思い出の多さと深さが影響するのかと…

車内広告のユザワヤを見ると寂しさが募る。インタビューの記事などを見ても、これから新たな戦いを始めるようだし、次なる活躍を楽しみですね。

チームは新監督の下で新しい船出をし、きっと来シーズンはまた違った戦いを見せてくれるだろう。

で、ボク自身はどう変わって行こうか?もうすぐ年を一つ重ねるし、プライベートでも仕事でももっと時間を大切にしつつ、自己の成長を促していかなくてはならない。

資格を取ったり、新しいことを学んだり、SNSとかに費やす時間を削って必要な時間を捻出しないと足りないです。

ちょっと前に読んだ本にそう書いてあっただけで、自分で考えたわけじゃないけどね。納得したので、あとは実践するだけなんですが…

まずは漠然とした何かじゃなく、具体的な目標を決めて見よう。そして一日でも早く、そのスタートを切らねば!